So-net無料ブログ作成
検索選択

実録・「ドコモ乗り換えで5万円」の一部始終 (1) ――キャッシュバックがあるのはどんな店? [ドコモ携帯]

もう2ヶ月以上前の話になるが、7月末、携帯電話をソフトバンクからドコモに替えた。
その際、話題の「キャッシュバック」を体験してきた。「ドコモに乗り換えると5万円もらえる」というものだ。おいしい話にはどんなウラがあるのか、しっかりと見てきたのでレポートする。

2012年7月のとある昼休み、職場近くの駅前。真夏を先取りしたような熱い空気が充満する中、私は密かに心を決めていた。

近々、ドコモに乗り換えるぞ。

幹線道路に面した間口の狭い携帯電話屋には、「MNP 35000円キャッシュバック」などという宣伝文句が躍る。「0円携帯」というのは昔からあったが、時代はついに、携帯電話を買うとお金をくれるところまで行き着いたらしい。しかも自分の欲しい機種がマイナス35000円である。まさにジャストミート。
しかし、さすがに昼休みのうちに手続きが終わるとも思えない。後ろ髪を引かれつつ目の前の携帯電話屋を通り過ぎた。ここから「キャッシュバック携帯」を巡る迷走が始まった。

この「キャッシュバック現象」はどこまで広がりを見せているのか。それを調べるべく、数日後の昼休み、大型家電店やドコモショップなど、無難で入りやすい店をいくつか回ってみた。
その結果、安い機種なら「0円」というのはあった。しかしキャッシュバックというのは見当たらない(データ通信用の端末なら見かけたが)。「携帯電話を買うとお金がもらえる」という現象は、各社の携帯電話を扱う、ゴチャッとして狭い(失礼)ショップで主に起きているようだ。
また最近では、特売情報をtwitterで流している携帯ショップがある。有志の「まとめサイト」を利用して複数店舗をチェックしてみたが、自分の狙っている機種は、うまくすると数万円のキャッシュバックが期待できる一方、「激戦区」でないとキャッシュバックの金額は下がる。チェーン店でも都心と郊外ではずいぶん差があった。
さらに後日、地元の大型スーパーの携帯電話売り場へ行ってみたら、ここでも多少のキャッシュバックがあるようだった。金額の多寡は不明だが、あまり安くなさそうな印象のある大型スーパー、意外と頑張っているのか。

ともかく事情は分かった。都心にある小さい店を選べばいいようだ。
しかし、私の休日に自由時間はない。妻は体調不良、子供はまだ小さい。休みの日に都心の携帯電話屋に行くのは困難だ。
自宅近くのちょっとしたターミナル駅で妥協し、家族総出で出かけて、ついでに買い物でもしてくるか…。購入日を8月4日ないし5日にしよう、というところまで決め、妻に宣言した。



シリーズ記事一覧




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。